インプラント治療ガイド

インプラントについて解説し、体験談を掲載しています

インプラント治療ガイド

インプラントと差し歯との違い

difference between implant and crown

よく勘違いされていることに「インプラント」と「差し歯」の違いが挙げられます。

インプラントは「インプラント(人工歯根)」を顎の骨の中に埋め込み、その上に「人工の歯」をつける方法です。このインプラントに対して「差し歯」というのは、残っている自分の歯の根の上に「人工の歯」を埋め込みます。そのため、歯を抜いてしまったり、歯を根っこからとってしまった場合は、「差し歯」をすることはできません。

インプラントの上や歯の根の上につける「人工の歯」には「レジン」や「セラミック」などの素材があります。

歯茎が下がってきた、口臭が気になる、歯に違和感がある方は歯周病の可能性があるので、歯周病治療されることをオススメします。。
また、定期的に検診に通われることで歯周病を予防し、進行を防ぐことができます。

「レジン」のメリットは、保険が適用できるので安くできます。デメリットとしては、歯みがきなどによって削れてくるということが挙げられます。またレジンの中は金属なので金属アレルギーの方は避けた方がいいでしょう。

「セラミック」のメリットは、歯みがき程度では簡単には削られない、またオールセラミックにすることよって金属アレルギーの方にも安心して設置することができます。デメリットとしては、自費診療となるので比較的高額となる、また強い衝撃が加わった場合は割れることもあります。

次のページ ⇒ インプラントのメリット